今シーズンも期待の逸材が目白押し! 大学ラグビー注目新人紹介(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

9月12日に開幕する関東大学対抗戦を皮切りに、いよいよ秋の公式戦シーズンを迎える大学ラグビー。順位争いとともに毎年注目されるのが、ラグビー界の未来を担う逸材たちのプレーぶりだ。今回は『青春の挑戦者』企画として、今季より大学ラグビーに挑む期待のルーキーたちを紹介する。

 春から多くの選手がAチームの試合で活躍するなど実力者がそろう2021年度の新人の中でも、実力、実績の両面でこの世代を牽引してきたのが、早稲田大のNO8佐藤健次だ。強豪の桐蔭学園で1年目から不動のレギュラーとして8番を背負い続け、2、3年時は花園連覇の原動力に。2年生の夏には日・韓・中ジュニア交流競技会に参加するU17日本代表に選出され、キャプテンも務めている。

 最大の魅力は圧巻の破壊力を誇るボールキャリー。178cm、100kgという数字の印象を超えた強靭なフィジカルに加え、中学までWTBでトライを量産したBK並みの脚力と優れたボディバランス、ここというタイミングでボールに絡む非凡な嗅覚を合わせ持ち、豪快に相手防御を突破して決定的な仕事をやってのける。力任せでなく、小刻みなフットワークや加速力を駆使して推進力を最大化できるところに、特別な才能を感じさせる。

 国際級のFW第3列としては小柄なことから、大学ではHOへの転向を考えていたが、大田尾竜彦監督の「本来のポジションで大学ナンバーワンになってからでいい」というアドバイスを受け、まずはNO8で一番を目指すことを決意した。将来を見据えスローイングとスクラムを組むための体づくりは並行して進めており、入学からの5か月あまりで5kgほどのビルドアップに成功。前キャプテンの丸尾崇真が抜けた穴をいかに埋めるかという点でも、活躍が期待される選手だ。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。