日本の得点源として存在感を放った秋田啓「まだまだ成長できると思っています」(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

9月5日、東京パラリンピックの車いすバスケットボール競技の男子決勝戦が行われ、快進撃を続ける日本代表は、リオ大会の優勝チームであるアメリカ代表と対戦した。

 一進一退の試合展開となるが、最終クォーターの中盤にアメリカに逆転を許すと、最後は60-64とわずか4点差で敗戦。金メダルには届かなかったものの、日本はパラリンピックで初となる銀メダルを獲得し、今大会を終えた。

 試合後にメディア対応を行った秋田啓は「僕は代表のなかでも動けないので、1対1でアメリカの選手と対峙するのはリスクがあります。それをどう2対2や3対3に持っていって、チームとして連携して点を取るかにフォーカスしていかないといけない。それでも、うちには個人技でも充分アメリカに通用する選手がいるので、そういう選手たちと連携を取れば、アメリカを攻略できるという手応えも感じています」と決勝戦を振り返った。

 今はまだ悔しさのほうが強いと語った秋田は「相手のいい流れを作らせず、ディフェンスで勝負していたのが接戦に持ち込めた一番大きな要因かなと思うので、それをより継続していく必要があります」とコメント。

 それでも「どんなにいいディフェンスをしても相手が決めてくる瞬間がいくつもあったので、そういう選手にはより強くいかないといけない。あとは僕たちが圧力をかけられたときのフィニッシュの精度、決め切る力をもっと持たないといけない」と話し、今後の課題についても言及した。

 決勝でも香西宏昭、藤本怜央に続く9得点をマークした秋田は、大会初戦のコロンビア戦での24得点に始まり、全8試合で1試合平均12.1得点を記録。日本代表の得点源の1人として活躍した。

 個人の活躍としては「悪くないと思う」とコメントしつつも「もっとできると僕自身は思いますし、まだまだ成長できると思っています。今後の代表はどうなるか分からないですが、こういう結果を出した以上、より進んでいくしかないので、また面白いバスケを見せられるように頑張っていきたいです」と語り、さらなる成長を見据えているようだ。

 さらに、今後の日本代表については「経験値というものは大きいですし、経験したものは越えられるものだと思います。この経験を僕たちが次の世代や、新しく入ってくる代表候補に共有できれば日本としてさらに強くなっていけるかなと思います」と力強く語った。

 今大会で銀メダルという大きな結果を残した男子日本代表。パリ大会では、この大きな経験を活かして、さらなる進化を遂げた新生・日本代表が見られるだろう。

コメントは受け付けていません。