【準硬式野球】東海大札幌キャンパスが初優勝 北海道勢初(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆報知新聞社後援 清瀬杯第53回全日本大学選抜準硬式野球大会決勝 東海大札幌キャンパス8―5久留米大(9日・スリーボンドスタジアム八王子)

3年ぶり3度目出場の東海大札幌キャンパス(北海道地区連盟)が8―5で8年ぶり12度目出場の久留米大(九州六大学)に逆転勝ち。北海道代表として初優勝を飾った。

 右腕は震え、ボールを握る指先に力を伝えることができなくなっていた。前日の準決勝・名城大(東海地区)戦で延長10回159球を投げた東海大札幌キャンパス・丹波結都(4年=東海大札幌)の右腕は限界に達していた。「朝、起きたら右肩が上がらなくて、6回くらいから肩がつった感じでした」。5点リードの9回。3連続四球で無死満塁のピンチを招くがスライダー、ツーシームを低めに集めて後続を内野ゴロに打ち取って反撃を2点でしのぎ、131球で5失点完投。「実感はないですけど、うれしかったです。みんなに助けられました」。日本一になった喜びよりも、一人で投げきった疲労感の方が大きかった。

 仲間に胴上げされた主将の平沢輝(4年=東海大諏訪)は「素直にうれしいです」と笑みを浮かべた。コロナ禍もあり上京できたのは部員26人中17人。「4年生が何人か来られなかったので、その人たちのためにもと思いました」。白、ブルーが目立つ東海大系列校では珍しいグレーの縦じまのユニホームをまとった選手は試合前、札幌から応援する選手とラインを交換して気持ちを高めた。ベンチには出場がかなわなかった村上大介(4年=東海大札幌)、迫屋駿吾(4年=高知)のユニホームが。心を一つにして栄冠をつかんだ。

 キャンパス内の野球場は硬式野球部、高校と共用で使えるのは週4回、朝7時から9時まで。時間が限られている上に監督不在とあって平沢を中心に練習メニューを作る。「少ない練習で集中できるようになり、朝練習しているからか、午前中の試合でも体が動きます」と平沢は効果を口にした。コロナ禍の影響で対外試合がなかなかできず、大会前直近の試合は7月15日。約2か月間のブランクがあったが、実戦的な練習を増やしたかいもあり接戦をものにすることができた。

 部員の多くが東海大系列校の野球部出身。丹波は高校の先輩から誘われ、高校でマネジャーだった平沢は同部で主将だった兄の影響で準硬式野球部に入部した。「楽しいの一言。雰囲気も楽しいですし」と魅力を口にした。野球に学生生活に、充実した時間を過ごした4年間。清瀬杯という最高のお土産を手に、北海道へ帰る。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。