【札幌2歳S】今年も出るか、スター候補 最終週のタフな洋芝はハービンジャー産駒のリューベック!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

1996年4月4日。後の日本競馬界に大きな影響を与えるサンデーサイレンス産駒の牝馬が誕生した。その名は「シラユキヒメ」。勝利こそあげられず繁殖入りするわけだが、第3子の「ユキチャン」が地方交流重賞を3勝。そして第9子のブチコは母として無敗の桜花賞馬ソダシを誕生させた。すべての始まりはシラユキヒメからである。

【新潟記念 2021予想】ザダルかトーセンスーリヤか? 伏兵は前走14着からの反撃期すあの馬!(SPAIA編)

先にも登場したソダシは昨年このレースを勝利し、その後もアルテミスS、阪神JFと破竹の連勝劇を披露した。今年はここからどんなスター候補が現れるのだろうか。

過去10年間(2013年は函館開催)の成績を紐解くと、前走新馬戦組が[6-4-7-56]、でオープン組の[1-5-3-27]を大きく引き離してリードしている。

前走オープン組の内訳を見ると、クローバー賞は[1-1-2-8]で2016年にトラストとブラックオニキスがワンツーを決めた以外連対馬はでていない。コスモス賞組は[0-4-1-14]で4頭が2着に入っている。ここから連戦した馬はコスモス賞1着馬[0-3-0-3]、2・3着馬[0-1-0-4]、4着以下[0-0-1-7]となっている。今年は勝ち馬トーセンヴァンノと2着馬エーティーマクフィが出走予定。なお函館2歳S組は[0-0-0-5]で馬券に絡んだ馬はいない。

最後に前走未勝利組だが[3-1-0-22]と4頭が連対を果たしている。勝ち馬3頭はすべて新馬戦で0.2秒差以内の接戦で負けた馬だった。ちなみにその3頭はその後G1戦線等で活躍するグランデッツァと、ニシノデイジー、ブラックホール。今年の登録馬ではモチベーションがこのパターンに該当する。連闘となるため不透明だが、出走してきたら要注意だ。

前走着順にも注意が必要で、前走1着馬が[9-9-9-79]と圧倒的。2、3着だと[1-1-0-14]、4着以下だと[0-0-1-13]。前走の着順は予想の上で大きなウェイトを占める。ただ、今年は大半が前走1着馬というメンバーになった。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。