玉川徹氏、河野太郎氏が総裁になっても「党内の世代間対立がすごいものになって、やりたいことができない」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

7日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)では、菅義偉首相が不出馬を表明もこれから「日本の顔」を決める戦いが始まる自民党総裁選(17日告示、29日投開票)を特集した。

 この日の番組では、候補の1人の石破茂元幹事長が20人の推薦人を集めるのに難航し、不出馬の方向に。河野太郎ワクチン担当相への支援を検討しているという動きを紹介。二階派では「石破氏が出ないとなれば、河野氏が勝つに決まっている」という見方が広がっている点について、コメンテーターで出演の同局・玉川徹氏は「キーワードは原発と世代間対立というのは変わっていないと思います」と、まずコメント。

 「河野さんが麻生派をまとめた上で出るとなると、河野さんは本当にやりたいことができないです。だって、(後押しする)甘利(明)さんだって、もちろん原発推進だし、安倍内閣っていうのは経産省が支えてきた内閣だし」と話すと、「河野さんは脱原発にしろ既得権に切り込んでいってやるということになると、自民党は既得権を票につなげて、固い票を持って今まで続けてきた政党ですから。河野さんがやりたいことをやると、ある意味、自民党じゃなくなっちゃう。今までの自民党と違うものになっちゃうので、古い世代の人たちは当選さえおぼつかないということになるので、世代間対立はすごいものになると思います」と分析した。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。