【川崎F】橘田健人が頼もしい。スクランブルを乗り切る多様性で「ホームで圧倒して勝てるように」と誓う(サッカーマガジンWeb)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サッカーマガジンWeb

川崎フロンターレは9月1日、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦で浦和レッズと対戦。センターバック2人が負傷で交代するというスクランブルを乗り切ったのは、橘田健人の存在があってこそだった。試合途中にインサイドハーフからサイドバックに移って守備を引き締め直し、1-1のドローをもぎ取った。

【写真】橘田健人が平野佑一と争う。鋭い出足で浦和の攻撃にストップをかけた(写真◎スクリーンショット)

■2021年9月1日 JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第1戦(@浦和駒場/観衆4,629人)
浦和 1-1 川崎F
得点者:(浦)関根貴大
    (川)家長昭博

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。