【巨人】原辰徳監督が6ー0からドローに反省の弁「私の用兵ミス」 坂本勇人交代後にミス…ミス…失点 (スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 阪神6―6巨人(5日・甲子園)

 巨人は阪神との首位攻防第3ラウンドで引き分けた。初回に3点を先制し、5回には岡本和真の2戦連発となる35号3ランで一時は6点をリードしたが、6、7回に守備の乱れもあって同点とされた。6回の守備から坂本勇人を下げた後、遊撃に入った若林と広岡が失点につながる失策を犯し、原辰徳監督は「私自身の用兵のミス」と悔やんだ。首位再浮上はならず、ゲーム差は1・5のまま。巨人担当の西村茂展キャップが痛恨のドローとなった一戦を「見た」。

 勝てる試合だった。首位攻防3連戦第3ラウンドで、6点差を逃げ切れなかった引き分けをどう捉えるか。試合後の原監督は、素直に頭を下げた。

 「今日は私自身の用兵のミスというかね。そういうものがこういう同点の結果になったのかな、というのは深く反省します」

 指揮官がわびたのは、6―0でリードした6回の守備から坂本を交代させたことだ。遊撃には若林を入れた。だが、6回無死三塁からサンズの遊ゴロを捕球するも、握り損ねて送球できず出塁を許した。中継ぎ陣のリズムを乱し、そこから2安打3四死球などで計4点を返された。7回からは広岡が遊撃に入ったが、無死一塁から三遊間のゴロを二塁へ悪送球。一、三塁と危機を広げて、最後はデラロサが代打・糸井に適時二塁打を許して、同点とされた。坂本の後に遊撃に入った両者の失策が響くドローとなった。

 今回、巨人は10泊11日の長期遠征中であり、6連戦の最終戦。きつい夏場に侍ジャパンの中心選手として東京五輪を勝ち抜いた坂本の心身の蓄積疲労は推して知るべしであり、本来ならどこかで休ませたい思いも当然あるはずだ。坂本に回る残り1打席と休養をてんびんにかけ、指揮官が今回は休養を選択した。

 「連戦続きで彼がずっと出っぱなしだったんでね。カバーできると思ったところに結果的にはなかなか勇人のカバーをできなかった。そこを読み切れなかった」

 確かに坂本が出場を続けていれば、同じ結末になったとは思わない。ただ、事の本質は「坂本を下げたこと」よりも、「坂本抜きでは6点のリードでも守り切れなかったこと」にあるはずだ。

 原監督は言った。「戦い方としてはいつも通りの戦い方ではあった」と。その通り、1巨人TEAMのスローガンのもと、選手全員の力でここまで来たチームだ。坂本が骨折で5月上旬から約1か月離脱した期間は、主に若林、広岡がスタメン遊撃手として主将不在をカバーしてきた。そこには指揮官の両者への信頼がある。大差の展開で、坂本を休ませられないチームでは、さみしい。

 原監督が公然と反省の弁を述べたのは、大事な試合を勝ちきれなかったことはもちろんだが、若林、広岡の“盾”になったように思う。「最後の場面でも彼らを引っ込めることもできたけど、あえてしなかったというのはね、今後さらにまだまだ厳しい勝負は待ってるわけだからね」。どんな苦味も良薬にせよ、というメッセージで、会見を締めた。首位奪回は7日に持ち越しとなった。また出直しだ。先に待つ本当の勝負の舞台で、若林、広岡の活躍が見たい。(西村 茂展)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。