止まらないロイヤルズのS・ペレス 連日の41号で再び大谷翔平に2本差と猛追 打点も首位に1差に迫る(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆米大リーグ ロイヤルズ6―0ホワイトソックス(5日・カンザスシティー=カウフマン・スタジアム)

 ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手が5日(日本時間6日)、本拠地のホワイトソックス戦の1回に右中間に41号3ランをたたいた。4日に39号2ラン、40号3ランをたたいており2日で3発の量産で、43号を放った大谷翔平(エンゼルス)に再び2本差と迫った。また、打点も102まで伸ばし、リーグ最多のアブレイユ(ホワイトソックス)に1点差まで迫ってきた。

 3番・捕手で出場したペレスは1回無死二、三塁、今季11勝している右腕シースの2球目をたたくと、打球は飛距離136・6メートルの特大アーチとなって右翼席上段に飛び込んだ。

 8月には球団タイ記録の5試合連続ホームランを放つなど大谷を猛追のペレスは、2打席連発で自身が持つア・リーグ捕手シーズン最多本塁打記録を41本に塗り替えた。ペレスはオールスター戦前夜祭のホームラン競争に出場、オールスター戦では大谷とバッテリーを組んだ捕手。そこできっかけをつかんだのかオールスター戦明けで20本目(大谷は10本)。

 ペレスが捕手出場で打ったのはを27本目(DHで14本)。シーズンの75%以上捕手を守った選手のア・リーグ最多本塁打記録を更新中で、ナ・リーグでは1970年レッズのジョニー・ベンチが一塁と外野で打った7本を含め合計45本塁打している。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。