【新潟2歳S】開催が進んでも内外フラット 能力はセリフォスが上も道悪ならアライバルに逆転の可能性(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

ここ数年はやや小粒なメンバー構成となることもあったが、2013年には1着ハープスター、2着イスラボニータとクラシックホースを輩出している新潟2歳S(G3・芝1600m)。今年は新馬戦で強い勝ち方を見せた馬たちがこぞって出走を予定しており、暮れのG1や来年のクラシックに向けても要注目の一戦となりそうだ。

【キーンランドカップ 2021予想】メイケイエール危うし?実力拮抗の重賞はこの穴馬に注目!(SPAIA編)

馬場適性の観点からレースを占うにあたり、まずは先週末の新潟芝・外回りコースの馬場傾向を振り返っていこう。

馬場発表は土曜日がクッション値9.1、ゴール前の含水率12.6%の良馬場、そして日曜日は朝7時の時点でクッション値9.0、ゴール前の含水率11.6%の良馬場だったが、トータル2.0mmの雨量を計測して1R発走時点から終日稍重でのレースとなった。

障害レースと直線競馬を除いた芝レースで3着内馬の4角通過順位を見ると、良馬場だった土曜日は勝ち馬5頭全てが4角先頭。2、3着は4角8番手以下から2着3回、3着3回と追い込みが決まる極端な傾向となっていた。

しかし、雨が降って1ランク馬場が悪化した状態で行われた日曜日は4角先頭から3着内に入った馬が1頭のみ(2着)。勝ち馬に限ると7レース中4勝が4角5~7番手、8番手以下も1勝と差しが決まる傾向にあった。2、3着については4角2~4番手が3回ずつ、5~7番手がそれぞれ2着2回、3着3回と多く、好位から中団前目で運んだ馬が多かった。

土曜日は逃げ残りが5勝ということでインコースを通った馬が好走していたと容易に想像できるが、稍重となった日曜日のレースで3着内馬は直線でどのコースを通って伸びてきたのか、残り200m地点での進路を調べてみた。

勝ち馬については内から1~3頭目が3勝、4~6頭目が1勝、7頭目より外が3勝。雨が降ったからといって極端に外を通った馬が有利という傾向は見られなかった。2着馬も1~3頭目が2頭、4~6頭目が4頭、7頭目より外が1頭、3着馬は1~3頭目が2頭、4~6頭目が2頭、7頭目より外が3頭と同様の傾向。どこを通っても差のない馬場状態だったと言えるだろう。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。