【新潟記念】左回り、直線の長いコースはザダルのベスト条件 穴ならプレシャスブルー(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

サマー2000シリーズ最終戦・新潟記念。優勝争いはショウナンバルディとトーセンスーリヤの2頭に絞られており、前者は勝つことが絶対条件、後者は4着以内で優勝の権利を得ることができる。その他、秋の飛躍を狙うものも多数おり、ハンデ戦ということからも大混戦の一戦となりそうだ。

【新潟記念 2021予想】ザダルかトーセンスーリヤか? 伏兵は前走14着からの反撃期すあの馬!(SPAIA編)

【エプソムC】
ラチ沿いの芝の傷みが目立ち前日は外差しがよく決まっていたが、当日は内目を空けた競馬が多く、外々を回る馬には距離ロスが大き過ぎる競馬が続いた。本レースも1~6着馬は4コーナーを「最内~中」を通過。外不利。ペースはエアアルマスが先手を取り35.3-34.9-34.9。ワンペースの競馬でタフさが求められる展開でもあった。

1着馬ザダルは中団馬群で折り合い、直線に向いてスムーズに外に出す形。ラストはサトノフラッグの追撃も凌ぎ切り、初重賞タイトルを手にした。ただ、G3としては時計面に物足りなさを感じ、レベルの高い一戦だったとは言えないだろう。本馬は柔らかいフットワークで走り、しなやかな末脚が持ち味。新潟外回りで1着、東京で1,3,5,1着と左回りの直線の長いコースがベストだ。

9着馬ヤシャマルは好位で直線を迎えたが、上位馬には完全に伸び負け。連勝での重賞挑戦となったが、やや力差を見せつけられる結果となった。

13着馬プレシャスブルーはいつも通り行き脚がつかず最後方から。3~4角では大外を回す形となり、ゴール前では脚が上がってしまった。脚の使いどころが難しい。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。