【ブエルタ・ア・エスパーニャ2021 第14ステージ結果速報】ロマン・バルデが4年ぶりのグランツール区間優勝、エイキングが総合首位をキープ(J SPORTS)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:J SPORTS

ドン・ベニトからピコ・ビリュエルカスまで165.7kmの山岳ステージ、そびえる山は3つ、そのうちの1つは登坂距離2.8km平均勾配が14%で一度も緩むことのない激坂。アクチュアルスタートのあと6kmほどアタック合戦が続き9人の選手がタイムギャップをつけることに成功、さらに9人が合流し18選手での先頭グループが形成された。

ハイライト動画 第14ステージ

先頭グループの最初の1時間の平均時速は51.3km、容認したメイン集団はタイム差を与え続けすぐに10分以上の差が開いた。3級ベルソカマ峠、1級コリャド・バリェステロス峠はロマン・バルデ(チームDSM)が先頭通過、この時点で山岳賞首位へ躍り出ている。

下りでニコラ・プリュドム(AG2Rシトロエンチーム)、マシュー・ホームズ(ロット・スーダル)、ダニエル・ナバーロ(ブルゴスBH)が飛び出しセップ・ファンマルク(イスラエル・スタートアップネイション)が追いつき4人でフィニッシュ地を目指す。

うねってくねる一本道でチームカーと並走していたジャイ・ヴァイン(アルペシン・フェニックス)が落車、膝から地面に叩きつけられた。さらにうねる下りでナバーロとファンマルクがカーブを曲がりきれずにコースアウト、プリュドムの独走となった。

コメントは受け付けていません。