【ブエルタ・ア・エスパーニャ2021 第21ステージ結果速報】プリモシュ・ログリッチが個人TTを最速で駆け抜け今大会区間4勝目&総合3連覇(J SPORTS)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:J SPORTS

全てを決する最終試練、パドロンからサンティアゴ・デ・コンポステーラまで33.8kmの個人タイムトライアル。第1走者のヨセフ・チェルニー(ドゥクーニンク・クイックステップ)の45分18秒がターゲットタイムとなり、59番走者のマグナス・コルト(EFエデュケーション・NIPPO)が44分16秒でトップタイムを更新するまでホットシートを温めた。

今大会で現役引退を発表しているファビオ・アル(チーム クベカ・ネクストハッシュ)が48分17秒でフィニッシュ、チームスタッフに拍手で出迎えられ抱擁と祝福で舞台から去りゆく英雄を讃えた。

最終走者プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィスマ)は第1中間計測を20秒、第2中間計測を17秒更新しながらコルトより14秒速い44分2秒でフィニッシュ、マイヨ・ロホのスキンスーツとゴールドカラーのTTバイクに相応しい最速の走りで今大会区間4勝目、大会3連覇に大きな花を添えた。

総合敢闘賞に区間2位となったコルトが選ばれ、総合表彰台と特別賞の順位に変動はなかった。チーム総合はバーレーン・ヴィクトリアスが獲得、ジロ・デ・イタリアに続きブエルタ・ア・エスパーニャでも最終日の表彰台に登る新城幸也選手の姿があった。

コメントは受け付けていません。