【DeNA】ソト攻守、オースティン激走と助っ人バット以外でも躍動 三浦監督「全員でつかんだ勝利」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 中日1―3DeNA(4日・バンテリンドーム)

 セ・リーグ5位のDeNAが、中日に逆転勝ちした。同点の7回に佐野が決勝の勝ち越し11号2ラン。先発のロメロが6回1失点でNPB初勝利を挙げた。

 助っ人陣の活躍が、チームに勢いをもたらした。先発のロメロは初回に先取点を奪われたが、6回7安打1失点の粘投でNPB初勝利。2点をリードした直後の7回は2番手・エスコバーが3者凡退で抑えて流れを渡すことはなかった。

 オースティン、ソトの大砲コンビはともに無安打だったが存在感は十分だった。オースティンは1点を追う6回2死で宮崎の左中間への二塁打で一塁から激走して一気に本塁に突入。同点のホームを踏み、宮崎は「ホームまで還ってきてくれたオースティンに感謝したいです」と頭を下げた。

 ソトは、同点の6回2死一、二塁で代打・福田の一塁線の打球を好捕。際どいタイミングとなり、一塁ベースへヘッドスライディングしてベースにタッチしてアウトにする気迫を見せた。必死のプレーが7回の佐野の勝ち越し弾につながった。

 負ければ自力CS進出の可能性消滅、単独最下位転落の可能性もあった一戦。三浦監督はナインをねぎらいながら、「しっかり守って流れを渡さなかったのも大きい。全員でつかんだ勝利だと思います」と何度もうなずいていた。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。