【札幌2歳S】ジオグリフが4馬身差の完勝 ルメール騎手「最後は楽でしたね。能力はある」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆第56回札幌2歳S・G3(9月4日、札幌・芝1800メートル、良)

 2歳馬9頭立て(ダークエクリプスは競走除外)で争われ、単勝2・1倍の1番人気に支持されたジオグリフ(牡、美浦・岩戸孝樹厩舎、父ドレフォン)がクリストフ・ルメール騎手に導かれ、道中最後方から徐々に位置取りを上げると、直線ではあっさりと抜け出して、4馬身差で完勝した。新馬からの連勝で、重賞初制覇を飾った。新種牡馬のドレフォン産駒は重賞初V。勝ち時計は、1分49秒1。

【データで見る】ジオグリフの血統、戦績

 4番人気のアスクワイルドモア(武豊騎手)が2着に続き、5番人気だったトーセンヴァンノ(山田敬士騎手)が3着だった。

 ルメール騎手(ジオグリフ=1着)「最後は楽でしたね。だんだん加速してくれて、直線に向いてから絶対に勝つと思った。まだ競馬が2回目で子供ですから、ゲートの中でチャカチャカしてエキサイトしていた。スタートでプレッシャーをかけずに、ゆっくりと後ろからリラックスして行くことができた。だんだんポジションを上げていって、反応はとても良かった。能力はある」

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。