西武・炭谷が2度目のFA交渉 渡辺SDの言葉に態度軟化(東スポWeb)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

西武・炭谷銀仁朗捕手(30)が6日、都内で2度目のFA交渉を行った。

 10月16日のCSファーストステージ敗退から2週間待たされた末の第1回交渉(10月31日)では、ねぎらいの言葉もないまま、交渉の余地もない一方的な条件提示を受け、感情的になっていた部分もあったようだが、この日の交渉では渡辺久信シニアディレクター(SD=52)が“スーパーリリーフ”。炭谷が「SDから前向きなことを言ってもらって、いい話し合いができました」と言うように、硬化させていた態度が一気に軟化した。

 FA権を行使するか否かの返答は保留したが「(14日の申請期限)ギリギリまで考えてから決めます」と残留の可能性も出てきた。

コメントを残す