【バレー】インターハイ女子 就実、金蘭会、下北沢成徳、都城商がベスト4入り 都城商は県勢初の快挙(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

令和3年度全国高等学校総合体育大会(北信越インターハイ)女子大会の決勝トーナメント3、4回戦(準々決勝)が7月30日(金)にいしかわ総合スポーツセンター(石川)で行われた。就実(岡山)、金蘭会(大阪)、下北沢成徳(東京)、都城商(宮崎)がベスト4進出を決めた。

 昨年度の春高を制し、2年前のインターハイ優勝校でもある就実は、3回戦の福岡女学院(福岡)戦で今大会初めてセットを落とした。その後逆転勝ちし、準々決勝の鹿児島南(鹿児島)戦でストレート勝ちを飾ったが、西畑美希監督は「自分たちが何をしたいのか。意志が感じられない」と厳しい口調。深澤つぐみキャプテンと姉のめぐみを中心に、モヤモヤした雰囲気を打ち破りたい。

コメントは受け付けていません。