【バレー】男子日本代表 イランに勝利し29年ぶりの決勝トーナメント進出(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

東京2020オリンピックのバレーボール競技は有明アリーナ(東京都江東区)で8月1日(土)に男子予選ラウンド5日目が行われ、日本はイランにセットカウント3-2で勝利し、3勝目をあげた。この結果、通算成績は3勝2敗のA組3位となり、バルセロナオリンピック以来となる、29年ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

■東京2020オリンピック 男子予選ラウンドA組 5日目

日本(3勝2敗) 3-2 イラン(2勝3敗)
(25-21,20-25,29-31,25-22,15-13)

日本のスターティングメンバー:西田、高橋、小野寺、関田、石川、山内、リベロ山本

 第1セット、中盤までお互いに得点を取り合ったが13-15から高橋や西田のスパイクなどで5連続得点を奪い18-15と逆転に成功する。終盤にかけても、石川や高橋が得点を重ね、25-21でセットを先取する。

 第2セットは16-16からイランに3連続得点を許し、16-19とリードされ、そのままの勢いでセットを奪い返された。

 第3セットは、序盤からイランにリードを許す苦しい展開。11-13から日本は西田のブロックとサービスエースで13-13と追いつき、終盤までサイドアウトの応酬が続く。その後ジュースの末に29-31でこのセットは落としたが、第4セットは石川と西田が得点を重ねて取り返し、勝負は最終セットへ。

 取れば決勝トーナメント進出が決まる第5セット。スタートから石川が2本のサービスエースを決め、日本に流れを作る。その後も石川や高橋、エースの西田が得点を決め、10-6とリードする。しかし、イランもセッターのM.マル―フラクラニを軸に得点を重ね、13-12まで追い上げる。日本は石川がスパイクを決め14-12とマッチポイントを奪うと、最後は西田がバックライトからスパイクを決め、15-13でセットを取り、勝利を飾った。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。