【アイビスSD】春の開催による馬場への影響はなし 初の“千直”も適性が高そうなグレイトゲイナーに注目(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

今週から始まる夏の新潟開催。その開幕週のメインレースとして行われるのは新潟名物“千直”の重賞アイビスサマーダッシュ(G3・芝1000m)だ。他のレース以上に舞台適性が問われる難解なレースではあるが、馬場適性の観点から予想・分析していく。

【アイビスサマーダッシュ 2021予想】モントライゼ、ライオンボスら出走予定! 千直で浮上する穴馬とは?(SPAIA編)

今年は春の福島開催が中止となり、7週間のロングラン開催となった春の新潟開催。その影響で馬場の内側は早くからダメージを受け、後半に差し掛かると内回りのレースでも大外へ持ち出す馬がいるほどだった。

その状態を見ると、夏の開催も馬場への影響が大きいのではないかと心配になるが、JRAの発表によると2回新潟開催終了後にBコース部分を中心に約7990平方メートルの芝の張り替えを実施。損傷が大きく、張り替えに時間を要したために一部生育が遅れている箇所があるとのことだが、全体的には良好な状態となっている。

開催が進めば馬場悪化の心配も出てくるが、開幕週ということでそれほど気にする必要はなさそうだ。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。