【クイーンS】「前走人気薄」が激走 ヴィクトリアマイル13番人気シゲルピンクダイヤに注目!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

全国各地で梅雨明け宣言が出された。昨年、また例年より早い梅雨明けとなった地域が多かったようだ。競馬予想において天気は重要なファクターなので、比較的天気が安定している夏は、競馬予想にも最適な季節なのかもしれない。

【クイーンステークス 2021予想】マジックキャッスル、シゲルピンクダイヤら出走予定! 好走馬のヒントは「あのレース」にあり!?(SPAIA編)

さて、2021年8月1日に行われる第69回クイーンS。北海道には梅雨はないのだが、このクイーンSも2000年に北海道へと場所を移してからすべて良馬場で行われている。8年ぶりに函館競馬場での施行となる今回も、天気の傾向は大きく変わらないか。

ところで、函館と札幌。同じ北海道にある小回りの競馬場というのが漠然としたイメージだが、実際に大きな違いはあるのだろうか。まずは数字で比較してみた。

1周距離(札幌1640.9m、函館1626.6m)、直線の長さ(札幌266.1m、函館262.1m)とも似ており、オール洋芝というのも同じだ。違う点を挙げると、まずコース形態。同じ楕円形でも、函館より札幌の方が丸に近い形をしている。そして、高低差0.7mとほぼ平坦なのが札幌、3.5mと起伏があるのが函館。

また札幌競馬場は「芝・不良」という文字を見たことがないぐらい水はけがいいのだが、函館はそこまででもない。札幌の方が多少時計が速いぐらいのイメージだったが、意外に違う点が多く勉強になった。

前回、函館競馬場でクイーンSが行われたのは2013年。この時は、しんがりを追走していた、しんがり人気の馬が2着に突っ込んで波乱となっている。この年を含めて3連単はここ10年で9回が万馬券。堅く収まるレースではないようだが、果たしてどのようなタイプの人気薄が上位に来る傾向にあるのか。今回も過去10年のデータを基に探っていきたい。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。