阪神・金本監督、藤浪の復調生チェック!韓国LGとの練習試合登板へ(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

阪神秋季キャンプ(6日、安芸)阪神・金本知憲監督(49)が6日、近日中に予定されている韓国LGとの練習試合で、藤浪晋太郎投手(23)を登板させる方針を明かした。今季は制球難で苦しんだが、10月のみやざきフェニックスリーグでは復活のきざし。自身の目で、復調ぶりを生チェックする。

 金本監督が近々、計画されている韓国LGとの練習試合に、藤浪を投げさせる方針を示した。

 「藤浪、小野、竹安、才木、岩貞ぐらいでいきたいよな。(藤浪は)安定感あるようにみえたけどね、ブルペンを見たけど。あんまりこうブレがないなぁ…と」

 若き右腕は制球難から今季3勝5敗、防御率4・12に終わったが、クライマックスシリーズ第3戦(17日、甲子園)ではリリーフ登板して2回無失点。その後、みやざきフェニックスリーグでも2試合に登板して計12回を4安打1失点。計23奪三振と好投し、来季への光はみえてきた。

 「14か15、勝つ計算の上でローテーションを、開幕の前にアレ(組んだの)したから」

 指揮官も先発ローテの必須要員として期待を寄せているからこそ、その復活ぶりを生チェックする。紅白戦ではなく真剣勝負の対外試合で、しっかり見届ける。

 「誰が監督だって、そうだから。アイツ(藤浪)、おらんでいいという監督いないでしょ」

コメントを残す