どこでドルトムントは道を間違えたのか…ボス体制は白星から見放され崩壊の危機に(GOAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

まるでジェットコースターのような序盤戦となった。

クラブとリーグの記録を塗り替える華々しいスタートを切ったボルシア・ドルトムント。しかし、わずか数週間で、危機的な状態にさらされている。

美しすぎるサッカー女子たち!日本&海外のかわいい女の子、あなたの好みは?【100枚】

公式戦9試合で2勝。チャンピオンズリーグではグループステージ敗退の危機に瀕しているドルトムントは、4日の“デア・クラシカー”、バイエルン・ミュンヘン戦の前に、すでに窮地に陥っていた。

ピーター・ボス新監督の下、ドルトムントはブンデスリーガ開幕から7試合で6勝、21得点で失点2という、これ以上ないスタートを切った。カルロ・アンチェロッティ率いるバイエルンが苦戦続きだったこともあり、ドルトムントはメディアから優勝候補筆頭ともてはやされた。だが、ユップ・ハインケスが帰ってきたバイエルンの逆襲とともにドルトムントの衰退がはじまり、あっという間に窮地に立たされてしまったのだ。

キャプテンのマルセル・シュメルツァーは、1日のAPOEL戦を1-1で引き分けた後、危機感を口にし、後に撤回した。しかし、チャンピオンズリーグでの戦いぶりを見たファンたちにとって、キャプテンの言葉はまさに真実であったろう。レアル・マドリーとトッテナムに大敗したドルトムントは、キプロスのアポエルに対しても勝てなかったのだから、どのような批判的な言葉も受け入れる必要がある。

チャンピオンズリーグ敗退の公算が大きくなり、今シーズンを早々と棒に振ってしまうことのないよう、何としてでも国内タイトルをとらなければならない。だが、華々しいスタートを切った代償は、すぐに払うことになった。1カ月前には、2位と勝ち点差5で順位表のトップに君臨していたにも関わらず、土曜の試合に負けたことで、首位バイエルンとの勝ち点差は6にまで広がってしまった。

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、現在の危機的な状況を「病気」と称し、このままではバイエルンを倒してタイトルをとることは期待できないと繰り返し強調していた。ドルトムントが首位に立っていた時でさえ、ヴァツケは『ビルト』にこう語っている。

「バイエルンが今後どうなるのかが問題であることに変わりはない。バイエルンが復活すれば、我々にチャンスはない」

コメントを残す