ソフトバンクが2年ぶりの日本一 川島が延長十一回サヨナラ打(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

SMBC日本シリーズ第6戦(ソフトバンク4x-3DeNA=延長十一回、4日、ヤフオクD)パ・リーグ覇者のソフトバンクがDeNAとの延長戦を制し、4勝2敗として前身の南海、ダイエー時代も含めて2年ぶり8度目の日本一に輝いた。1点を追う九回に内川のソロ本塁打で同点に追いつくと、十一回には二死一、二塁から川島が右前にサヨナラ適時打を放った。九回に登板した守護神・サファテが十回、十一回もマウンドに上がり、無失点で勝利に導いた。

 横浜から福岡へ舞台が移った第6戦。先制したのは鷹だった。二回二死、6番・松田が今永から左中間に先制ソロ本塁打を放ち、1点を先制した。松田はダイヤモンドを一周すると、ベンチ前で「熱男~!!」と絶叫。日本一へ王手をかけるソフトバンクがほしかった先制点を手にした。

 DeNAは1点ビハインドの五回に先頭の7番・白崎が、先発・東浜から左越えソロを放ち、同点。なおも二死二、三塁とすると、3番・ロペスが2番手・石川から左前2点打を放ち、3-1とした。ソフトバンクは八回に一死三塁とし、1番・柳田がボテボテの投ゴロに倒れたが、3番手・砂田は三本間に出ていた三走・明石を挟まず、一塁へ送球。その間に明石が生還し、1点を返した。

コメントを残す