【注目2歳馬】勝ちタイムは平凡も中身の濃いレース 良血馬サイードの距離適性は?(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

7月10日(土)の小倉競馬は重賞もなく、場内はのんびりとした雰囲気。今回はそんな中で行われた芝1200mの新馬戦を取り上げる。出走馬は7頭と少ないレースとなったが、勝利したのはサイード(栗東・角田晃一厩舎)だった。

【函館記念 2021予想】またまた波乱のハンデ戦!穴馬が高確率で激走する「法則」とは?(SPAIA編)

父キズナ、母セレブラールという血統で、半姉にアイビスサマーダッシュを連覇するなど重賞5勝のベルカント、今年の京都牝馬Sを勝利したイベリスがいるという良血馬だ。デビュー前の調教でも良い動きを見せており、単勝1.8倍という断然人気に推されていた。

それほど速いスタートではなかったが、じわっと押し上げていき4番手を追走。3、4角中間地点から外目を通って進出していき、直線に向いた時点で先頭へと並びかけた。手応えでは楽に突き抜けるようにも見えたが、内で粘るザウリとビップシュプリームもしぶとく食い下がり、2着ザウリをクビ差交わしたところがゴールというレースだった。

午前中に雨が降った影響があったとはいえ、1:08.8のタイムは平凡。しかし、レースラップは12.2-10.5-11.1-11.8-11.3-11.9、サイードは2ハロン目の10.5というところでは掛かることなく脚をため、ラスト3ハロン目の11.8と落ち着いたところから、ラスト2ハロン目に11.3と再び速くなった地点にかけて自ら動いていった。

最後は全馬苦しくなって11.9となったが、差し切って接戦をモノにした点は評価に値する。パドックでジョッキーが騎乗しようとした際にやや暴れる仕草を見せるなど、気性面の難しさも抱えていそうだが、バランスの良い馬体とレースぶりからも決して1200mに特化したスプリンターという感じではない。1400m前後での活躍が期待される。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。