【函館記念】脚質・ローテともに好走パターンに該当 東大HCの本命はトーセンスーリヤ(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

7月18日(日)に函館競馬場で行われる函館記念(G3・芝2000m)。ラジオNIKKEI賞、七夕賞に次いで3週連続で行われるハンデ重賞に16頭が出走予定。

【函館記念 2021予想】またまた波乱のハンデ戦!穴馬が高確率で激走する「法則」とは?(SPAIA編)

今年のフェブラリーS覇者で芝初挑戦となるカフェファラオや、新潟の福島民報杯を大差勝ちしたマイネルウィルトス、昨年の函館記念を15番人気で勝利したアドマイヤジャスタなどが顔を揃えたが、絶対的存在はおらず今年も波乱が予想される。夏競馬ですっかり荒んでしまった収支に潤いを取り戻すべく、今週もデータを踏まえて予想していく。

まず過去10年の函館記念のレース傾向を調べる。後半5Fが前半5Fよりも速いタイムだったのは16年のみで、MペースからHペースの年が多い。ただ今年は先行馬が少なく典型的な逃げ馬もいないことから、先行争いは激化せずペースは落ち着くと思われる。

ちなみに、前走で逃げた馬が1頭もいなかった19年は前後半ともに59.8秒で、1・2・3着馬が4角1・2・3番手の完全な前残りとなっていた。過去10年の3着以内馬30頭のうち4角7番手以下は8頭しかおらず、ペースの速い年が多い割に差し有利ではないため、馬券は先行できる馬を中心に組み立てるべきだろう。

また函館記念といえば、1番人気馬の【1-0-0-9】という成績に表れているように波乱傾向が特に強いレース。この10年の2着馬は全て7番人気以下で、軸馬の選択に心を砕く方も多いのではないか。以下ではそんな方々の役に立つデータを紹介したい。

まず前走重賞で6番人気以下だった馬が【7-4-5-43】と好走例に富んでいることに注目。そしてこのうち下馬評を覆して5着以内に健闘した馬は【6-2-0-3】で、その連対率はなんと73%にもなる。今年唯一これに該当するのはトーセンスーリヤ。軸馬として強くオススメしたい。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。