【函館記念】AIの本命はカフェファラオ ダートG1馬の芝挑戦は実るのか?(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

2021年7月18日に函館競馬場で行われる函館記念。ただでさえ「荒れる」ハンデG3、フルゲートというところに、今年はダートG1馬のカフェファラオがルメール騎手を背に芝初挑戦。この難解な一戦をAI予想エンジンKAIBAはどう見たのか。

本命はそのカフェファラオ。初芝、小回り、トップハンデの58.5キロなど課題を挙げればキリがないが、今回の相手関係ならポテンシャルで圧倒できると判断されたようだ。

ちなみに、今回のような「中央ダートG1勝ち馬」がのちに芝レースに出てきたケースはフェブラリーSのG1昇格から通算で27例あったが、その成績は【1-1-0-25】。2度の連対はアグネスデジタル、メイショウボーラー。どちらも元々芝でも実績がある馬だった。

完全に未知の世界への挑戦となるカフェファラオだが、American Pharoah産駒の芝レース複勝率は31.0%と意外に悪くない。果たしてどのような結末が待っているのだろうか。

AI予想エンジンKAIBA
◎カフェファラオ
◯ワールドウインズ
▲サトノエルドール
△ディアマンミノル
×マイネルウィルトス

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。