久保建英が値千金の決勝点! 南アの分厚い守備に苦しみながらも日本が最良のスタート◎東京五輪・男子(サッカーマガジンWeb)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:サッカーマガジンWeb

東京五輪の男子サッカーが7月22日に開幕し、1次リーグA組の日本と南アフリカが対戦した。5人のDFを並べて守る南アフリカに対し、日本は試合開始直後からボールを持つものの、攻めあぐねる。しかし後半、久保建英が個の力を見せつけてゴールをこじ開ける。守備陣も集中した守りで無失点で切り抜け、日本が1-0で勝利を手にした。

【写真】初戦を勝ち切った日本。大きな大きな勝ち点3を手にした(写真◎Getty Images)

■2021年7月22日 サッカー男子1次ラウンドA組(@東京スタジアム)
日本 1ー0 南アフリカ
得点:(日)久保建英

・日本メンバー:GK谷晃生、DF酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太(72分:旗手怜央)、MF遠藤航、田中碧、堂安律(85分:町田浩樹)、久保建英、三好康児(60分:相馬勇紀)、FW林大地(72分:上田綺世)

・南アフリカメンバー:GKロンウェン・ウィリアムズ、DFリーブ・フロスラー(79分:コバメロ・コディサング)、レポ・マレペ、ルーク・フルールス、テンド・ムクメラ、スブシソ・マビリソ、MFグッドマン・モセレ(90+1分:エンコシンジピル・エンコボ)、テポー・モコエナ、タボ・セレ、ルーサー・シン、FWエビデンス・マクコパ

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。