【TOKYO2020/3×3女子日本代表インタビュー Vol.2】篠崎 澪(富士通レッドウェーブ)(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

自国開催にもかかわらず開催国枠での出場を許されなかった3×3女子日本代表は、5月にグラッツ(オーストリア)で開催された世界最終予選に臨み、準決勝でフランスに苦杯を喫するも3位決定戦でスペインを相手に劇的な大逆転勝利を収め、みごとTOKYO 2020の切符を手にした。激闘を戦い抜いた篠崎 澪(富士通レッドウェーブ)が大会を振り返り、東京オリンピックに向けた意気込みを語る。

東京2020新競技、3×3日本代表展望&TV放送予定

「オリンピック予選(OQT)では、チームが勝ったので良かったのですが、私としてはあまり思い通りにプレーをできませんでした。ちょっと悔しい気持ちの方が強かったですね。OQT前の合宿で自分自身に迷いが出てしまっていて、その流れのまま大会に入ってしまったんです。2Pショットのアテンプトも少なかったし、決定率も低かったので、そこは本番に向けた課題かなと思っています。

 東京オリンピック出場を決めた瞬間はすごくうれしかったですね。OQTで自分自身のプレーができなかったことに対して、オリンピックがあることでそれを挽回できるチャンスを同時にもらえたような感覚です。だから、うれしかったのと同時にもっともっと頑張らなければ、しっかりしなければという気持ちがあります。

 東京オリンピックでは自分の持ち味を最大限に出せるように、なおかつチームにしっかり貢献して、メダルを獲るところまで行けるように頑張っていきたいです。私たちの日本代表はスピードが特徴なので、スピード感のあるバスケットボールができれば世界に通用するというのを、皆さんにお見せしたいです。

 世界と戦うために今練習しているのは、大きい選手に対してどういうふうにフィニッシュしていくか。チームとしては、私たちはやっぱり小さいのでミスマッチを突かれると思います。ディフェンス面では、そうなったときにペイント(ゴール下の制限区域)をどう守るかを練習しています。

 私の役割は、プレースタイル的にドライブが得意なので、しっかりドライブで切り込んで良いシュートを打ち、アシストを出し、カッティングでズレを作って、そこをうまくほかの人が突けるようにしたり、自分自身でも突いていけたらなと。あとはやっぱり、強みでもある体を張ったタイトなディフェンスで、大きな相手にも小さな相手にもしっかりやってきたいですね。

 OQTでは長谷川 誠コーチに『まだまだ運動量が足りない』と言われたんです(笑) だからもっともっと走り回らなきゃ、運動量を増やしていかなきゃって思っています(笑)

 OQTを振り返ると、自分のプレーではないんですけど、ステ(馬瓜ステファニー)が決めた最後のシュートはすごく印象に残っています。残像がありますね(笑)

 準決勝のフランス戦で負けた後は、あそこで終わりではないというふうに私は思っていました。負けたのはとても悔しかったんですけど、あともう一度チャンスがあるんだから、もう『すぐに切り替えて』という感じでしたし、自分の中でも気持ちを切り替えられたので、最後の試合の好結果につながったのかなと思っています」

篠崎 澪 Mio Shinozaki
富士通レッドウェーブ#11/167cm/G/1991年9月12日生まれ(29歳)/金沢総合高→松蔭大

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。