川崎F、怒涛の反撃も無得点…C大阪1点リードで前半終了/ルヴァンカップ決勝(GOAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

JリーグYBCルヴァンカップ決勝が4日に行われ、セレッソ大阪と川崎フロンターレが対戦。前半が終了し、1-0でC大阪がリードしている。

美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

試合は開始1分、バウンドしたボールをエドゥアルドが処理を誤ってしまう。このミスを逃さなかった杉本健勇がボールを奪い、そのまま持ち込み電光石火の一撃。冷静にゴールへ沈めてC大阪がいきなり先制点を奪取した。

その後、開始早々出鼻をくじかれた川崎Fは17分、スルーパスに抜け出したエウシーニョが、PA右から強烈なシュートを放つも、これはGKキム・ジンヒョンにセーブされてしまう。

さらに25分、家長昭博と三好康児のコンビネーションから最後は小林悠がトリッキーなフィニッシュを試みるが、C大阪はDFが足を伸ばして阻止する。さらに43分、家長のラストパスを受けた中村憲剛が強烈なシュートを放ったが、これは惜しくも枠外に。川崎Fが押し込む展開も、C大阪は分厚い守備で最後の最後で阻止。前半はC大阪の1点リードで折り返した。

コメントを残す