夏競馬の定番「ダート1700m」戦 攻略の糸口は単純明快、斤量にあり!(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

いよいよ全国的に暑くなって夏を否応なしに感じるようになってきましたね。

そして競馬もローカル開催が多くなり、いつもと違うアノ条件に遭遇する機会が増えてきた。そう、「ダート1700m」はこの時期に沢山見かけるコース条件。今回は夏のダート1700mを攻略しようという内容だ。

【アイビスサマーダッシュ 2021予想】モントライゼ、ライオンボスら出走予定! 千直で浮上する穴馬とは?(SPAIA編)

注目すべきは「斤量」である。2018年7月~今年7月18日までの期間で見てみると、斤量53kg以下の単勝回収率は100%を超え、50~51kgでは161%まで跳ね上がっているのだ。夏場のカラッカラなパワーダートでは少しの斤量差が大きく影響するのではないかと推測できるのだが、その中身をもう少し見てみよう。

まずは斤量別で複勝回収率を見てみると、実はあまり差がついていない。つまり、斤量の軽さはあくまで「勝ち切るための後押し」にはなるが「上位に入る後押し」にはなっていないことがわかる。軽斤量を理由に狙うならば思い切って頭勝負だ。

そして、軽斤量が勝ち切るということは、減量騎手が勝てる条件であるともいえるだろう。実際に1kg減~3kg減の減量騎手騎乗時でデータを出してみると、1kg減で単勝回収率が110%、2kg減で135%、3kg減で120%とプラスになっている。さらにおまけで、1kg減の場合は複勝回収率も117%だ。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。