オリD1・田嶋、“一匹狼”宣言「練習中に群がるのが嫌」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

オリックスからドラフト1位で指名された田嶋大樹投手(21)=JR東日本=が3日、大阪市内のホテルで長村裕之球団本部長(58)らからあいさつを受けた。孤独を愛する社会人NO・1左腕は“一匹狼”となり、2桁勝利&新人王の獲得を目標に設定。エース・金子と同じスタンスで唯一無二の存在になる。

 口を開けば、優しい笑みをたたえる好青年だ。だが、グラウンドに立てば、話は別。田嶋がプロでも“一匹狼”を貫くことを宣言した。

 「練習中に群がるのが嫌。話すこともないですし、自分の練習に集中したいので。その姿勢は変わらないと思います」

 かねてより「人見知り」を公言し、この日も「一人でいるのが好き」とサラリ。黙々と汗を流すタイプで、今オフの自主トレも単独で行う予定だ。オリのエース・金子が練習中にあえて口数を減らし、集中力を高めるスタイルをとっており、だぶる。指名あいさつに訪れた長村球団本部長も「投手はマウンドでは孤独。それぐらいの方がいい」とうなずいた。

 もちろん、即戦力左腕は交流を図らないわけではない。親交のある前年度のD1位・山岡に「お世話にならないといけない」と先輩らとの橋渡し役をお願いした。

 「球団の方には来季から先発ローテを期待している、と。2桁勝利と新人王を狙いたい」

コメントを残す