【POG】母は短距離ダート6勝 ウラヤ24日初陣へ野中調教師「柔らかくて芝でいけそう」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

7月24日の新潟5R(芝1600メートル)でデビューするウラヤ(牡2歳、栗東・野中賢二厩舎、父ニューアプローチ)が切れのある動きで好仕上がりをアピールしている。CWコースで8、14日と続けてラスト11秒台フィニッシュ。21日は坂路を54秒5ー12秒1のタイムで駆け上がり、併せたダンディズム(5歳1勝クラス)と同時入線に持ち込んだ。

 オープンの大和Sなどダートの短距離で6勝を挙げた母ワディも管理した野中調教師は「やればやるだけ時計が出るので、やりすぎないように気をつけた。育成時代から評価が高く、能力を感じる。コントロールが利くから、将来的に距離は1800メートルくらいまでもってくれたら。お母さんは肩が立っていて、いかにもダート馬という感じだった。この馬は今のところ種馬が出ているというか、柔らかくて芝でいけそう」と期待を持って送り出す。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。