【中京記念】距離短縮は大幅な上昇材料 参考レースからの注目馬は?(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

今年は小倉競馬場を舞台に行われる中京記念。中京芝1600mから小倉芝1800mとまったく異なる条件に移り、小回りの非根幹距離特有の機動力が求められる一戦となりそうだ。様々な路線からメンバーが集まったため、まずは参考レースから各馬の特徴を整理していきたい。

【函館記念・中京記念】「前走6~9着」馬に金脈あり! 東大・京大の本命は?【動画あり】

【小倉大賞典】
トーラスジェミニが前半1000m58.0で飛ばしたがついていったのはディアンドルぐらいで、3番手以降は3F別で36.3-34.2-35.0程度。さらに当時は南から強めの風(向正面追い風)が吹いており、500m過ぎからの下り坂の影響も考えると、前半はなかなか楽なペースで運べている。さらに連続開催の影響で内目が荒れており、イン差しは厳しい馬場状態だった。外前有利。

2着馬ボッケリーニは57キロのハンデを背負いながら差して2着と力を証明。さらに本馬はラブリーデイの全弟であり、ピッチ走法による機動力の高さが持ち味。内枠ならさらに高いパフォーマンスが期待できるだろう。

3着馬ディアンドルは大外枠から2番手につけ、自身はほぼイーブンペースの理想的な展開。心肺機能が高く、まずまずのペースで行ってもそう簡単には止まらないタフさが持ち味だが、同レースにおいては展開に恵まれた感は否めない。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。