【注目2歳馬】重賞でも活躍できる素質の持ち主 ディアドラの全弟リューベックがデビュー勝ち(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

先週末は2歳世代最初の重賞、函館2歳Sが行われジョーカプチーノ産駒のナムラリコリスが勝利した。さらに未勝利戦でも函館で単勝1.3倍の支持を受けたブラックボイス(美浦・宮田敬介厩舎)、新種牡馬キタサンブラック産駒のコナブラック(栗東・清水久詞厩舎)が初勝利をあげるというニュースもあった。

【アイビスサマーダッシュ 2021予想】モントライゼ、ライオンボスら出走予定! 千直で浮上する穴馬とは?(SPAIA編)

しかし、今回の本コラムで取り上げたいのは7月18日(日)の函館5Rを勝利したリューベック(栗東・須貝尚介厩舎)。父ハービンジャー、母ライツェントという血統、3歳時に秋華賞、2019年からは海外に長期遠征しG1・ナッソーSを勝利するという快挙を成し遂げたディアドラの全弟という良血馬。金子真人ホールディングス(株)の勝負服を身に纏い、吉田隼人騎手と挑んだデビュー戦だった。

9頭立てと少頭数のレースになった中、上手にゲートを出るとスピードが違うという感じで先頭へ。12.5-11.6-12.8-13.8-13.1というラップを刻み、前半1000mを1:03.8で通過するスローペースで淡々とレースが流れていく。直線ではフラフラする面も見せたものの、最後は2着に2馬身差をつけてデビュー勝ちを飾った。

スローペースだったため、勝ちタイムは1:51.4と平凡だったが、後半800mのラップは12.5-11.9-11.6-11.6。軽く仕掛けられただけで、まだまだ余裕のあるレースぶりだったことからも中身が濃かった。相手関係も決して弱いわけではなかったので、レースレベルもそれなりに高かったと言っていいだろう。

決して初戦向きのタイプではないと思っていたので、次走以降重賞レースにチャレンジしてもさらにパフォーマンスを上げていくことは間違いなさそう。姉に負けない活躍を期待したい。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。