【琉球】赤嶺真吾がバックステップからのヘッドで今季2点目。「いい競争が生まれるように日々取り組んでいます」(サッカーマガジンWeb)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:サッカーマガジンWeb

FC琉球は2度のリードも追いつかれた。7月18日に行われた明治安田生命J2リーグ第23節で、大宮アルディージャに2-2で引き分け。それでも負傷者が続出する苦しい中で、アウェーで勝ち点1は悪くない結果だ。2度目のリードを奪ったのは赤嶺真吾。ベテランの味を発揮してみせた。

【写真】赤嶺真吾は今季最長のプレータイムを得て奮闘。厳しいチャージにもゴールを目指した(写真◎J.LEAGUE)

■2021年7月18日 明治安田生命J2リーグ第23節(@NACK/観衆4,567人)
大宮 2-2 琉球
得点者:(大)イバ、黒川淳史
    (琉)上原慎也、赤嶺真吾

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。