【バレー】大同大大同高 一丸となって星城の壁を乗り越える(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

惜しくもインターハイ出場を逃したが、春高予選に向けて気になるチームを「次の勝者たち」と題して紹介。今回は愛知男子で準優勝の大同大大同に迫る。

【写真】大同大大同、選手らのフォトギャラリー

 インターハイ本戦出場が懸かった星城との全勝対決。198cmの細川晃介ら、高さのある選手たちに攻撃を封じられ、大同大大同は第1セットを落とした。すると、渡辺義幸監督は選手たちの元へ歩み寄った。「次のセットは何を変えればよくなるんだ」と問いかけると、選手たちは「1点をとったらまずはみんなで喜んでいこう」と即答。ストレート負けとなったが、第2セットはエース渡邉大和のスパイクなどで見せ場を作った。
 
 「勝利だけではないスポーツのほんとうの楽しさを表現する」のが渡辺監督のモットー。先輩、後輩に関係なく、思ったことを言い合える環境作りを心がけてきた。その一環としてコロナ禍になって取り入れたのが、参加自由の毎日30分間のミーティング。練習の振り返りだけでなく、県予選を勝ち抜くためのアイデアを日々出し合う。渡辺監督から選手へ一方的に指示するわけではなく、時には指揮官が自らの改善点を求めることもある。そうすると、遠慮なく意見が返ってくるという。

 「練習試合では声を出すわけではないのですが、チームがうまくいっていないときに、『コートサイドの先生の様子が気になります』と指摘されました。もちろん、今までそんな経験はないです。どのチームの監督もそんな経験はないんじゃないですか?(笑)」
 
 昨年度の春高予選決勝でも星城にフルセットの末に逆転負けし、2大会連続で涙をのんだ。しかし、2年生中心のチームはポテンシャルの高さを見せた。決勝リーグ戦の愛知工大名電戦では、セッターの平松陸哉のトスに、身長173cmの渡邉、172cmの亀崎怜音の両エースと、身長191cmのサウスポーミドルブロッカー座禮楓人を中心としたスパイカー陣が応える。平松が「まんべんなく打たせることを心がけた」と振り返るように、相手コートをよく見た冷静なトスワークが光り、フルセットの熱戦を制した。

 春高予選での星城へのリベンジに向け、平松は「自分たちはサイズが小さいので、レシーブで粘って、ブロックを利用して決めたいです」と語り、渡邉も「打点の高いスパイクをもっと拾えるように。時間差攻撃などを使って、小さい分動いてスパイクを止められないようにしたいです」とプランを立てる。選手と監督が一丸となって、次こそ星城の高い壁を乗り越えてみせる。

取材・写真/田中風太

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。