【函館記念】波乱前提!人気の盲点になる重賞好走馬か、巴賞敗退組か 狙ってみたい穴パターンとは(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

函館記念といえば、三連覇を達成したエリモハリアー。その人気は6、1、7番人気、妙味たっぷりの三連覇だった。2年連続14番人気で出走して1、2着だったクラフトマンシップなど、函館記念は“ここだけ走る“という個性派が多かった。

【七夕賞 2021予想】福島は今週も大波乱!? 夏の風物詩・七夕賞で買いたい穴馬は?(SPAIA編)

近年はそういったタイプが少なくなったが、波乱の傾向は変わらない。昨年は15番人気アドマイヤジャスタ1着、13番人気ドゥオーモ2着、3連単は340万円を超えた。波乱前提といってもいい函館記念について過去10年のデータをもとに探っていこう。

まず1番人気は【1-0-0-9】と衝撃的。19年マイスタイルが勝利したのみで、2、3着もいない。ここまでアテにならない重賞は数少ない。さらに2番人気も【1-0-0-9】、14年ラブイズブーシェが馬券に絡んだだけだ。上位人気で買うなら、3番人気【3-0-2-5】勝率30%、複勝率50%だろう。

1着馬でいえば、3~5番人気が7勝と集中している。逆に穴の定番6番人気は【0-0-0-10】とさっぱり。穴は7~9番人気【0-5-7-18】あたりか。このゾーンを買うなら連軸で考えたい。なお10番人気以下は【1-5-1-62】、狙いたくなる気持ちはあるが、確率的には効率が悪い。傾向から考えると、1着は3~5番人気、2、3着に7番人気以下という組み合わせだろうか。

4歳【2-3-1-14】勝率10%、複勝率30%が一応好走ゾーンだが、5歳も【3-0-5-32】複勝率20%で悪くなく、6歳【2-1-2-44】、7歳【2-4-0-21】、8歳以上【1-2-1-16】など全世代で気を抜けない。年齢で取捨選択をするのは危険だろう。今年も5歳以上のベテランが大挙出走予定で不気味な存在だ。

東西別成績をみると、関東馬【4-4-3-63】勝率5.4%、複勝率14.9%、関西馬【6-6-7-66】勝率7.1%、複勝率22.4%とさほど差はない。北海道は東西ともに滞在が基本、輸送の有利不利もなく、同じ調教コースで調教を積むためかフラットな目線で構えたほうがいい。

ただし、関東馬の単複回収率はそれぞれ40%、60%。関西馬の単複回収率は131%、147%。注目はここにある。関東馬は比較的上位人気での好走が目立ち、穴は関西馬から出る。昨年の1、2着や18年13番人気3着エテルナミノル、17年14番人気2着タマモベストプレイなど関西馬の穴はお宝満載だ。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。