【C大阪】杉本、出場1試合でMVP獲得狙う(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

決勝前日の公式練習が3日、埼玉スタジアムで行われた。川崎はリーグ(ステージ優勝を含む)、天皇杯、ルヴァン杯の3大タイトルで準優勝(2位)8回、C大阪は準優勝(2位)4回と、ともに無冠。川崎は生え抜き15年目のMF中村憲剛(37)とともに初タイトルを目指す。C大阪は今大会初出場の日本代表FW杉本健勇(24)が2004年のF東京・土肥洋一以来となる出場1試合でのMVP獲得を狙う。

 大半の選手にとって初めてとなる大舞台を前にしても、C大阪イレブンはリラックスしていた。「もちろん緊張もすると思うけど、明日の試合が楽しみで仕方ない。自分が先頭に立ってセレッソを引っ張っていきたいと思う」。10月に入って好調の主将FW柿谷が自信をみなぎらせた。

 93年のクラブ創設から計4度、リーグ戦と天皇杯で「2位」に甘んじてきたが、ベンチ入り18人は当時を知らない世代ばかり。FW杉本も「タイトルはもちろん取りたいけど、まずは勝たないと取れない。いつもと同じで、目の前の試合にしっかり集中するだけ」と冷静そのものだ。

コメントを残す