【アイビスSD】ライオンボスもモントライゼも危険! 今年は波乱も考えたい新潟名物アイビスSDを大分析!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

夏の新潟開幕週はその名物である芝直線1000mで行われるアイビスSD。01年第1回メジロダーリングの53.9の衝撃は翌年のカルストンライトオ53.7に塗りかえられ、現在まで日本レコードとして記録に残る。以前と比べて、ダッシュというレース名のわりにスタートからぶっ飛ばす競馬は減り、序盤ゆったり入るケースが増えた。そういった点も踏まえ、過去10年間のデータをもとに傾向を探っていきたい。

【函館記念 2021予想】またまた波乱のハンデ戦!穴馬が高確率で激走する「法則」とは?(SPAIA編)

1番人気は【7-2-0-1】勝率70%、複勝率90%と断然。波乱が多い夏場の重賞のなかで、本命党にとってオアシスのようなレースだ。この10年で着外だったのは12年ビウイッチアスしかいない。今年は当コース4勝、ここ2年アイビスSD1、2着のライオンボスに期待がかかる。ただし、直前の韋駄天S9着の6歳馬で、以前のスピードがあるかどうか。むしろ3歳モントライゼあたりが1番人気だろうか。

1番人気がやたら強いため、2番人気以下は9番人気まで確率としては差がない。9番人気【0-1-2-7】複勝率30%など、1番人気を軸にしつつも馬券の組み立ては慎重に考えたい。ちなみに10番人気以下は【0-0-1-68】、この10年間で馬券に絡んだのは11年11番人気3着アポロフェニックスのみだ。

モントライゼがいるので、気になる年齢別成績をみる。3歳は【0-2-1-8】複勝率27.3%、勝利こそないものの、馬券圏内に入る可能性は十分ある。勝ち馬もかつては05年テイエムチュラサン、06年サチノスイーティーなど出ており、決して3歳馬が通用しないレースではない。モントライゼの問題は久々の芝1200m戦だった前走葵S1番人気5着、今回は距離がさらに短縮されるという点だろう。3歳春なので我慢させて距離を延ばしてきたが真の適性は短距離にあり、というタイプではなさそうだ。

古馬は4歳【4-1-1-12】勝率22.2%、複勝率33.3%、5歳【4-7-4-31】勝率8.7%、複勝率32.6%のふた世代が中心。7歳【2-0-1-29】も不気味だが、勝利したのは14年セイコーライコウ、17年ラインミーティアといずれも直線競馬に実績があった。そういった意味ではライオンボスはベテランでも侮れないが、6歳【0-0-3-34】は引っかかる。なお牝馬は【5-5-6-56】、夏の短距離戦らしく活躍中、この10年間、馬券圏内に牝馬が入らなかった年はない。

直線競馬といえば、やはり枠番だ。開幕週に行われる重賞だけに枠順バイアスはかなり大きく、8枠【4-2-1-17】勝率16.7%、複勝率29.2%がやたら目立つ。これはもうみんな知っている話で、このコースで8枠に入った馬は過剰に人気になり、結果も出す。アイビスSDに限ると単勝回収率は236%。黙って8枠も作戦のひとつ。

全体的に6枠より外の複勝率が高く、外枠有利なコースではあるが、2枠が【2-2-1-12】勝率11.8%、複勝率29.4%と善戦。ただし馬券に絡んだ5頭は1、4、3、1、3番人気と上位人気馬ばかり。穴はここから出現せず、どちらかというと「上位人気馬を枠番だけで消すと痛い目に遭う」という感じだろう。ライオンボスやモントライゼが2枠に入ったと喜んで馬券から外すのはいただけない。

【広告】



コメントは受け付けていません。