鷹に緊急事態!千賀、背中の痛み訴え登板回避も 東浜が前倒し準備(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

日本シリーズは4日、ヤフオクドームで第6戦が行われる。3勝2敗と日本一に王手をかけているソフトバンクは3日、ヤフオクドームで練習を行ったが、第6戦で先発が予想されたソフトバンク・千賀滉大投手(24)が登板回避する可能性が浮上。背中の痛みを訴えているもようで、第7戦に先発予定の東浜巨投手(27)が緊急登板に備えていることが判明した。

 3連勝の後、2連敗を喫したが、日本一に王手をかけている状況に変わりはない。練習は活気にあふれていたが、投手陣の様子は慌ただしかった。当初は第6戦に先発予定だった千賀が、言葉に含みをもたせた。

 「(敵地と)雰囲気も違う。ホームで、ホークスのために力を出したいです。でも、僕が投げるのか分からないですよ」

 もちろん、予告先発ではないことを意識した“けん制”も込めた発言だ。キャッチボールなどを終えると普段通りに応対したが、体調の不安は明らか。登板を回避する可能性が浮上した。

 10月28日の第1戦では7回1失点(自責点0)の好投で勝利投手になった。しかし、その後の調整に苦しんだ。登板2日後までほとんど練習せず、3日目にキャッチボールを再開した。

 今季は13勝4敗、勝率・765で自身初タイトルとなる勝率第1位投手賞を獲得したが、5月に痛めた背中は完治していない。登板後は常に強い張りを感じており、入念なケアを行ってマウンドに立っていた。今回は深刻だったとみられる。

 前日2日は、通常は登板2日前に行う投球練習もできなかった。代わりにブルペンに向かったのは東浜だ。第2戦から中6日で第7戦に先発予定だった右腕は、中5日での緊急登板に備えた。この日も最後まで球場に残って「しっかり投げられるように準備するだけ」と気を引き締めた。

コメントを残す