貴源治、大麻使用判明…名古屋場所宿舎近くの道路で“歩き大麻” すでに警視庁が任意で事情聴取(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

日本相撲協会は20日、十両・貴源治(24)=常盤山=の大麻使用が判明したと発表した。19日に薬物検査(尿検査)を実施して大麻陽性の判定が出て、協会の青沼隆之コンプライアンス委員長の聴取に、名古屋場所(4~18日)中に大麻たばこ1本を吸ったと認めた。警視庁が捜査中で既に事情聴取も行われたが、現在は師匠の常盤山親方(元小結・隆三杉)の指示で謹慎中という。今後はコンプラ委で調査などが進められるが、解雇などの厳罰は必至だ。

 協会発表によると、情報が入ったのは名古屋場所中の17日。「『貴源治が大麻を使用しているのではないか』といううわさ話が力士の間で交わされている」ということから調査を始めた。

 18日の千秋楽取組後に貴源治と師匠の常盤山親方を呼び、尾車コンプライアンス部長(元大関・琴風)が面談。本人は当初「大麻成分が含まれているCBDオイルという痛み止めを使用している」「あがり症を抑えるために食べているグミにも大麻成分が入っていると聞いた」などと大麻の使用事実は否認したが、薬物検査には同意した。

 翌19日に都内のクリニックで尿検査を実施し、大麻陽性の判定が出た。これを受け青沼コンプライアンス委員長が聞き取りを行い、貴源治は名古屋場所中に宿舎近くの道路で歩きながら大麻たばこを1本吸っていたことを認めた。相撲協会は警察に通報。警視庁が同日に任意で本人から事情聴取し、入手先や使用のいきさつなどを捜査。現在は師匠の指示で謹慎中という。

 報道陣の代表取材に応じた芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「そんなことはないと信じたかった。今日、初めて聞いてびっくりした。残念極まりない」と驚きを隠さなかった。協会は今後、警察の捜査に全面協力しつつ、コンプラ委に委嘱し調査を進めるとしている。

 貴源治は19年9月に新弟子への暴言があったため、けん責処分を受けた。今回は大麻使用。本人も認めているだけに、解雇などの厳罰は避けられない。同部屋では貴ノ岩と、貴源治の双子の兄である貴ノ富士が暴行問題で引退しており、部屋存続の問題に発展する可能性も否定できない。

 ◆過去の角界の大麻問題 2008年8月に幕内・若ノ鵬が大麻所持で逮捕。協会は理事会で若ノ鵬の解雇を決定。その後、同年9月に協会が行った抜き打ちの尿検査で幕内・露鵬、十両・白露山の兄弟が大麻の陽性反応。理事会で2人の解雇が決定した。09年1月には十両・若麒麟が大麻所持で逮捕。2月に理事会で解雇が決定した。

 ◆大麻を巡る罰則 現行の大麻取締法では、所持や栽培を禁じる一方、使用に罰則はない。同法に基づき、都道府県知事の許可を得て神社のしめ縄の材料などに使う大麻草を栽培する農家が、作業中に吸い込む可能性があるため。ただ厚生労働省は、今年5月に若者による大麻乱用への懸念を踏まえ、大麻取締法に使用罪を設ける方針を固めた。

 ◆貴源治 賢(たかげんじ・さとし)本名・上山賢。1997年5月13日、栃木・小山市生まれ。24歳。茨城・境第一中を卒業後、双子の兄の元貴ノ富士とともに旧貴乃花部屋に入門。2013年春場所初土俵、17年夏新十両、19年名古屋で新入幕。十両優勝1回。191センチ、168キロ。得意は突き・押し。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。