オリのドラ1・田嶋大樹にかかる『ジンクスの打破』(ベースボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

10月26日に行われたプロ野球のドラフト会議。オリックスは社会人No.1投手の呼び声高いJR東日本・田嶋大樹を西武との一騎打ちの末に獲得した。

 これでオリックスは昨年の山岡泰輔につづいて、社会人の即戦力投手の獲得に成功。また、2年連続で“高卒社会人”の投手を補強したことになる。

 高校生と大学・社会人の分離ドラフトが終わった2008年以降、オリックスの1位は3つのカテゴリーからまんべんなく指名してきた印象だったが、ここに来て社会人球界で高い評価を受けた即戦力投手を2年続けて指名。ローテーションの強化に努めている。

【2008年以降・オリックスのドラフト1位指名】
2008年:甲斐拓哉(東海第三高/投手)
2009年:古川秀一(日本文理大/投手)
2010年:後藤駿太(前橋商高/外野手)
2011年:安達了一(東芝/内野手)
2012年:松葉貴大(大体大/投手)
2013年:吉田一将(JR東日本/投手)
2014年:山崎福也(明治大/投手)
2015年:吉田正尚(青学大/外野手)
2016年:山岡泰輔(東京ガス/投手)
2017年:田嶋大樹(JR東日本/投手)

 同じような指名戦略で結果を残しているチームが、DeNAだ。

 2013年から柿田裕太(日本生命)、山崎康晃(亜細亜大)、今永昇太(駒沢大)、浜口遥大(神奈川大)と4年連続で大学・社会人球界の即戦力投手を指名。柿田は今季終了後に戦力外となってしまったが、2014年以降の3名は主力として活躍している。さらに、今年のドラフトでは東克樹(立命館大)を指名。より強固なローテーションを形成すべく、大学球界屈指の好左腕を1本釣りした。

コメントを残す