【超花火】宮本が爆破バット戦制し新爆破王に!「俺が引っ張っていく」(東スポWeb)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

超花火プロレス「電流爆破フェスティバル」(3日、神奈川・カルッツかわさき)で新爆破王が誕生した。

 爆破王選手は挑戦者の宮本裕向(35)が田中将斗(44)を撃破し、第8代王者に輝いた。試合は「電流爆破バットデスマッチ」として行われ、序盤から激しい攻防が展開された。先に仕掛けたのは宮本だ。爆破バットを手にすると、コーナーに追い詰めた田中目がけて一閃。

 だがこれを王者が間一髪逃れ、コーナーポストで大爆発した。すると王者も負けていない。場外のテーブル上に宮本を乗せると、容赦なくバットをフルスイングし、爆破させることに成功した。

 その後は互いに譲らず、試合が動いたのは15分すぎ。コーナー上で田中を捕らえた宮本は、リングに設置した机上目がけて雪崩式ファイヤーサンダーを発射。すかさず爆破バット攻撃、ムーンサルトプレスにつなげて3カウントを奪取した。

 10月31日に引退した邪道・大仁田厚(60)が2度も巻いたベルトを手にした宮本は「大仁田さんがいなくなって入れ替わるように俺が参戦した。新しい爆破王として俺が引っ張っていく」と豪語。そのままノア名古屋大会に出場するため、コスチューム姿のまま会場を後にした。

コメントを残す