【巨人】大城卓三が決勝打 「一日一生」 今夏限りで勇退の東海大相模高の恩師・門馬監督の教えを胸に(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神0―1巨人(11日・甲子園)

 巨人の大城卓三捕手が決勝打を放った。

 0―0の8回1死三塁で左前タイムリー。バットを短く持ちノーステップではじき返した。「2ストライクを取られたので、なんとかしようと思って。なかなかチャンスが作れない中でのいいチャンスが回ってきたので、食らいつきました」と振り返った。

 守備では先発・高橋を好リードし「両コーナーにコントロールされていて、高さも低く来ていたので、内野ゴロが多かったと思う。ナイスピッチングでした」と振り返った。

 今夏限りでの勇退が決まった東海大相模高時代の恩師・門馬監督からもらった「一日一生」という言葉が自身の座右の銘だ。「(意味は)もしかしたら明日死ぬかもしれない、一生懸命生きろということです」と意味を明かした。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。