【函館2歳S】やっぱり素質馬を評価すべし!  2歳一番星にもっとも近いカイカノキセキ(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

JRA2歳重賞戦線は、この函館2歳Sからスタートする。早期から大物感ある馬がデビューするようになり、このレースもかつてほど単なる早熟馬による争いではなくなりつつある。

【七夕賞 2021予想】福島は今週も大波乱!? 夏の風物詩・七夕賞で買いたい穴馬は?(SPAIA編)

19年1着ビアンフェはその後も短距離重賞戦線を走り、今年、函館スプリントSで重賞3勝目をあげた。15年1着ブランボヌールは阪神JF3着、翌年キーンランドCを勝利と、函館2歳Sは古馬になってからも短距離戦線で活躍できる馬を輩出、ここを勝ってそれっきりというパターンは近年減りつつある。今年もここに出走する馬から、早期に活躍でき、かつその後も成長できる馬があらわれるのではなかろうか。ここでは過去10年のデータをもとに好走パターンを考えてみる。

1番人気【3-1-0-6】勝率30%、複勝率40%を含め、4番人気以内は【9-4-6-21】と比較的平穏。キャリアが浅いため、直接対決が少なく、能力比較をしにくいレースの割に事前のジャッジは正確。馬券を買う側も情報が少ないからこそ、シンプルに組み立てる。これが功を奏しているようだ。つまり、あまり考えすぎないというのが馬券戦略上、的中への近道であるということを示唆しているのではないか。5~9番人気【0-4-1-45】に対して10番人気以下は【1-2-3-58】。買い材料がある怪しい穴人気を買うぐらいなら、大穴候補を連下に忍ばせるべきか。

デビュー間もない2歳馬同士の短距離戦、それも滞在競馬の北海道で行われるレースとあって、馬体重が小さい馬も通用する。420~438キロは【4-1-4-24】勝率12.1%、複勝率27.3%と少ない頭数から好走が出ている。ただ、さらに小さい400~418キロは【0-0-0-8】と好走がない。今年の登録馬は比較的大きい馬が多く、馬体重で好走凡走の判断はできないが、小さい馬ポメランチェ、リトスあたりは凡走ゾーンにかかる可能性があるので注意したい。一方で小さい馬が多い牝馬はこのレース【5-5-4-62】で牡馬と互角。夏の短距離戦は牝馬が強い傾向にあるが、このレースは互角と覚えておこう。

移動の有利不利、調教施設の違いが少ない北海道シリーズでは、函館記念のように東西別成績が互角というレースもあるが、このレースは取り扱いに注意が必要。関東馬【2-7-4-60】勝率2.7%、複勝率17.8%、関西馬【8-3-6-44】勝率13.1%、複勝率27.9%。関東馬も2勝2着7回なので苦戦とまではいかないものの、勝率は関西馬が断然優勢。1着関西馬、2着関東馬、3着どちらもといった決め打ちもおもしろい。札幌芝の新馬戦を勝った有力馬カイカノキセキは関西馬。1着候補はこのあたりだろうか。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。