【バレー】セルビアにストレート勝利し予選ラウンドは3位で終了 ネーションズリーグ女子(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

ネーションズリーグ女子予選ラウンドはリミニ(イタリア)で6月20日(日)に最終15日目が行われ、それまで控えが主体だったメンバーで臨んだ日本はセルビアに3-0で勝利した。この結果、予選ラウンド通算成績は12勝3敗の3位で、4チームで争われるファイナルラウンド進出を決めている。

■ネーションズリーグ2021女子
15日目
日本(12勝3敗・3位) 3-0 セルビア(4勝11敗・13位)
(25-12,25-22,25-15)

日本のスターティングメンバー:石井、奥村、鍋谷、林、芥川、関、リベロ小幡

 第1セット、林のスパイク、ブロックを含む7連続得点で好スタートを切った日本は、中盤も芥川のブロード攻撃などで順調に得点を重ねていく。その後も精彩を欠くセルビアを攻め立て、最後は関のサービスエースが決まり25-12でセットを奪った。

 第2セット序盤は鍋谷のスパイクやサービスエース、芥川のブロックなど5連続得点で一気にリードを広げ、中盤も順調に得点を重ねる。終盤、セルビアのサラ・ロゾのパイプ攻撃、ミラ・ジョルジェビッチのブロックなどで2点差まで詰め寄られるが、最後は林のスパイクが決まり逃げ切った。

 第3セットも序盤から石井のパイプ攻撃、奥村のブロード攻撃などで連続得点し、14-2とリードした。若い選手が主体のセルビアはヴァーニャ・サビッチの打点の高いスパイクなどで挽回する場面も見られたが、日本は大きくリードしたまま、最後は石井がスパイクを決めて勝利した。

 14得点を上げた石井は試合後、「日本のサーブが序盤から走って、相手にコンビをつくらせなかったことが大きな勝因だと思います。ファイナルは強豪国とのトーナメントなので、しっかりコンディションを整えて初戦に臨みたいと思います」とコメントした。次戦、ファイナルラウンドのセミファイナルでは予選ラウンド2位のブラジルと対戦する。

予選ラウンド順位

順位 チーム 勝敗 ポイント
1 アメリカ    14勝1敗 42
2 ブラジル    13勝2敗 40
3 日本      12勝3敗 33
4 トルコ     11勝4敗 30
5 中国     10勝5敗 30
6 ドミニカ共和国 9勝6敗  29
7 オランダ   9勝6敗  25
8 ロシア   8勝7敗  24
9 ベルギー    8勝7敗  19
10 ドイツ     5勝10敗  16
11 ポーランド   5勝10敗  15
12 イタリア    4勝11敗  16
13 セルビア    4勝11敗  14
14 カナダ     3勝12敗  11
15 韓国      3勝12敗  10
16 タイ      2勝13敗  6

■次戦(ファイナルラウンド・セミファイナル)
現地時間6月24日(木)16:00(日本時間23:00)
対戦相手:ブラジル(予選ラウンド2位、FIVBランキング3位/21日時点)

■女子日本代表6月20日(日)セルビア戦の出場14選手
※ポジション表記はOH=アウトサイドヒッター OP=オポジット MB=ミドルブロッカー S=セッター L=リベロ
<背番号/名前(所属)/身長/ポジション>
1 黒後 愛(東レ)/180cm/OH
2 古賀紗理那(NEC)/180cm/OH
5 荒木絵里香(トヨタ車体)/186cm/MB ※主将
7 石井優希(久光)/180cm/OH
8 石川真佑(東レ)/173cm/OH
10 芥川愛加(JT)/180cm/MB
11 鍋谷友理枝(デンソー)/176cm/OH
13 奥村麻依(デンソー)/177cm/MB
14 小幡真子(JT)/164cm/L
15 井上琴絵(デンソー)/163cm/L
19 山田二千華(NEC)/184cm/MB
20 関 菜々巳(東レ)/170cm/S
21 林 琴奈(JT)/173cm/OH
24 籾井あき(JT)/176cm/S

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。