【ツール・ド・フランス2021 第10ステージ結果速報】ウルフパックとカヴェンディッシュが完璧なスプリントで今大会3勝目、区間通算33勝目!(J SPORTS)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:J SPORTS

休息日明けの第10ステージはアルベールヴィルからヴァランスまで190.7kmの平坦ステージ。アクチュアルスタートが切られてもしばらくは動きがなく、ジェレミー・カボ(チーム トタルエネルジーズ)の様子見のようなアタックはすぐに吸収さた。続いてトッシュ・ファンデルサンド(ロット・スーダル)が単独で飛び出すと、ユーゴ・ウル(アスタナ・プレミアテック)が追いかけ、先頭2選手でレースは進んでいくこととなった。

ハイライト動画 第10ステージ

4級山岳ポイントはウルが、中間スプリントポイントはファンデルサンドがあらそわずに先頭通過。集団先頭はソンニ・コルブレッリ(バーレーン・ヴィクトリアス)、続いてマイケル・マシューズ(チーム バイクエクスチェンジ)の順で通過。残り距離67km、プロトンで集団落車が発生、セップ・クス、マイク・テウニッセン(共にユンボ・ヴィスマ)やリッチー・ポートら(イネオス グレナディアーズ)が巻き込まれた。

チーム バイクエクスチェンジのペースアップで先頭2人とのタイム差は縮まり残り距離38kmでファンデルサンドが踏みやめ、その2km後にウルがメイン集団に吸収された、ウルはこの日の敢闘賞を獲得。位置取り争いが激しくなり始め緊張感が高まっていく、目前に風が吹き晒す区間が待ち構えている。

広大なラベンダー畑を通過すると一気に速度が上がり、集団先頭をアルカンシェルのジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が牽引。ポイント賞首位と区間優勝を狙うコルブレッリがパンクで自転車交換、上り返しの坂でプロトンの速度が落ちたため集団復帰を果たしたが脚を使ってしまった。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。