【高校バスケ】明星学園と八雲学園がインターハイ東京女子代表に決定!(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

インターハイへの出場権を、明星学園、八雲学園、東京成徳大、実践学園の4校で争っていた東京の女子。4校によるリーグ戦を6月25日~27日の3日間で行い、戦績上位2校が出場権を獲得する方式だが、2日目を終了した時点で、明星学園と八雲学園が2勝0敗、東京成徳大と実践学園が0勝2敗に。明日の最終日を待たずに東京女子代表は明星学園と八雲学園に決定した。

このうち明星学園は、一昨日(6月25日)実践学園を111‐71で下すと、昨日は東京成徳大に64‐53で勝利。1Qでは東京成徳大#4佐坂光咲の3Pや#11天野希咲、#8山宮好葉のドライブなどで10点近く離される場面もあったが、交互に出てくる2人の留学生#85アダム・アフォーディア、#47アディクベ・エスターのインサイド、#18池田凛、#33菅野響、#75佐藤桃菜のリングへのアタックなどで2Qで逆転に成功すると、4Q序盤までに48‐35とリードを広げていく。その後、東京成徳大・山宮のジャンパー3本、佐坂の3P2本などで残り2分48秒で58‐53と5点差まで詰められるが、ここから持ち前の厳しいディフェンスを見せた明星学園。東京成徳大の得点を0に押さえる一方、#76梅村成理のリバウンドシュート、佐藤のミドルシュートなどで加点し東京成徳大を振り切った。

もう一つの出場権を獲得した八雲学園は、スタメンの#4久米田琉菜、#5藪未奈海、#6中村愛美、#7山田優歩、#8三浦向日葵が5アウトで戦うのが最大の特徴。リード&リアクトなど動きの連携も合っており、昨日は東京成徳大に103‐72、本日は実践学園に103-58とどちらも100点以上を奪い勝利。このスタメン5人は5人ともに3Pがあり、それでいてパス、ドライブ、ジャンパーもうまいオールラウンダー。ディフェンスでも読みがいいので、攻守でバランスのいいバスケを展開できるのも今年のチームの特徴となっている。

 今日、最終日は実践学園×東京成徳大、明星学園×八雲学園の試合が行われる。インハイ出場権は既に決まってしまったが、どんな最終順位になるのかも楽しみだ。

コメントは受け付けていません。