【2歳新馬】京都7R トゥラヴェスーラが3馬身差で完勝(サンケイスポーツ)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

11月3日の京都7R・2歳新馬(芝1600メートル)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気トゥラヴェスーラ(牡、栗東・高橋康之厩舎)が完勝した。タイムは1分35秒4(良)。

 トゥラヴェスーラは、スタート直後に先頭に立っていたセトノシャトルを早めにかわすと、直線入り口からスパートをかけて後続を突き放した。皐月賞馬ノーリーズンを伯父に持つメラナイト(2番人気)が4番手から伸び、3馬身差の2着。さらにクビ差の3着にドラグーンシチー(1番人気)が入った。

 トゥラヴェスーラは、父ドリームジャーニー、母ジャジャマーチャン、母の父アドマイヤコジーンという血統。伯母アストンマーチャンは2007年スプリンターズSの優勝馬で、16年阪神JFでウオッカの2着。

コメントを残す