【CBC賞】1番人気勝率わずか7%! 小倉芝1200mのコース傾向から浮かび上がる穴馬とは(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

名古屋市に本社を置く中部日本放送は、1951年に現在のMBSラジオ(大阪)とともに日本初の民間ラジオ放送局として開局した。平日午後の情報番組がJNN系列局でネット展開するなど中京ローカルにとどまらない。その略称がCBCである。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

CBC賞は当然、中京競馬場で施行される。ところが今年の舞台は、関西圏の競馬開催の変更により、小倉芝1200m。CBCといえば名古屋だが、競馬の舞台は小倉。間違えないようにしたい。小倉でCBC賞が行われるのは99年(勝ち馬アグネスワールド)以来。当時は暮れの中京開催の代替だった。ここでは小倉芝1200mの傾向について、過去10年の夏開催、3歳以上戦、3勝クラス以上の28レースをもとに探っていく。

まず小倉芝1200mについて考えよう。小倉競馬場は高低差こそさほどではないが、2コーナー付近が頂上になっている。芝1200mは福島と同じように2コーナー奥にゲートが置かれる。つまり、頂上から序盤はゆるやかに下り、3コーナーに向かう。

中山ほど一気に下るわけではないが、構造に共通点は多い。また函館と同じように前半600m区間に曲線部分が占める割合は少なく、くだり勾配も手伝い、自然と前半は速くなる。中山芝1200mもタイムが速くなる傾向があるが、小倉芝1200mは中山のように最後に急坂があるわけではなく、全体時計がさらに速い。そのためJRAの芝1200mレコードは2歳、古馬ともに小倉競馬場で記録されたものである。開幕週のCBC賞は、良馬場であればまず高速決着だ。

【広告】



コメントは受け付けていません。