【ツール・ド・フランス2021 第7ステージ結果速報】マテイ・モホリッチが果敢に攻め続けラスト19kmを独走し初区間優勝、三大ツールステージ優勝を達成(J SPORTS)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:J SPORTS

249.1kmとクラシック並みに距離の長い第7ステージ、中盤以降に5つの山岳が組み込まれた逃げきり勝利に有利なレイアウト。アクチュアルスタートが切られるとヴィクトール・カンペナールツ(チーム クベカ・ネクストハッシュ)のファーストアタックを皮切りに高速での激しいアタック合戦が繰り広げられ、飛び出しと吸収を繰り返し最初の30分の平均時速は55km/hと長距離らしからぬハイスピード。

ハイライト動画 第7ステージ

40kmほど進んだところでベルギーチャンピオンジャージ着用のワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ)のアタックで先行した集団がタイムギャップをつけることに成功、マイヨ・ジョーヌのマチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス)、マイヨ・ヴェールのマーク・カヴェンディッシュ(ドゥクーニンク・クイックステップ)を含む29人での強力な先頭グループが形成された。

ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)、ヤスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード)、カスパー・アスグリーン(ドゥクーニンク・クイックステップ)、マグナス・コルト(EFエデュケーション・NIPPO)、セーアン・クラーウアナスン(チームDSM)、フィリップ・ジルベール、ブレント・ファンムール(共にロット・スーダル)、マテイ・モホリッチ(バーレーン・ヴィクトリアス)、サイモン・イェーツ(チーム バイクエクスチェンジ)など実力者たちを先行させてしまったプロトンは、総合優勝を狙うタデイ・ポガチャル擁するUAEチームエミレーツや先頭グループに乗りそこねたチーム トタルエネルジーズの牽引で追いかけるもタイム差は縮まらない。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。